コーチOTOYAのファンクショナルフィットネス

港区赤坂のチカラクロスフィットと西東京市東伏見のリライズボクシングクラブで運動を通じて、幸せと健康になるための方法を伝えています。

マインドフルダイエット〜本来の姿になるために〜 《Step 2 : 引き続き、箸を置きなさい!》

f:id:OTOYASAN:20200222070529j:plain


前回の記事で『太ってしまう』原因は身体の声が聞けなくなってしまっていること..

 

私たちは、『空腹の起こり』を感じるのは得意だけど、『空腹の終わり』を感じるのがとても苦手だということ..

 

そして、『空腹が消えた時』に食べるのをやめれば、身体の周りについた『必要のない塊』は自然に消えていくということについて書きました ↓

 

 

 

ダイエットというと食べる『もの』を変えること、または『制限する』と思っていた方は驚いたのではないでしょうか?

 

 かつて『料理の鉄人』というテレビ番組で

 

『Tell me what you eat, and I will tell you what you are.』

 

という言葉を聞いたことがあります。

 

『あなたが何を食べるかを見れば、あなたが何でできているかが分かってしまうよ。』っとでも訳せましょうか。

 

要するに『食は体を表す』ということです。

 

しかし、私は『痩せる』ために、その人が『何』を食べるかを知って、その人の『身体の状態』を知ることがそれほど大切であるとは思いません。

 

なぜなら、『太ってしまう』根本的な原因は、その人が『何をどれくらい食べるから』という物理的なものではなく、

 

その人が、『自分の身体の声を聞けない状況に陥ってしまった』というより内面的なものからもたらされるからです。

 

そして、その人がなぜ そのような状況に陥ってしまったかの原因を探る糸くち、それがその人の『食べ方』にあるのです

 

ガツガツ食べる人

よく噛んで食べる人

噛まずに飲み込む人

水をがぶ飲みしながら食べる人

話しながら食べる人

スマホを見ながら食べる人

本を読みながら食べる人

立って食べる人

熱々にして食べる人

辛いものをかけて食べる人...

 

私は言います

 

『Tell me how you eat, and I will tell you how you are.』

 

『あなたがどのように食べるかを見れば、あなたがどのような心理的な状態が分かる。』

 

っと。

 

あなたの心の奥底に潜む、触るとヒリヒリと痛む『それ』..

 

長きに渡り放置され、多少揺すられるだけでは、微動だにしない瓶の底に溜まった『その沈殿物』..

 

『それ』があなたに身体の声を聞くことをさせてくれないのです。

 

聞こえていたとしても聞こえていないフリをさせているのです。

 

それが『何か』を知り、それが『どのように』あなたにもたらされたのかを知らなければ、本当の意味で健康的に『痩せる』ことなどできないのです。

  

その第一歩が!食べ方を通じて『それ』を知る第一歩が!

 

『箸を置く』なのです。

 

ですから、今日の私があなたに与える課題は『引き続き、箸を起きなさい』です。

 

一日、一食の最初の三口でも構いません。

 

箸を一旦置き、口の中のものを飲み込んでから、箸を取り、次の一口を口へと運ぶのです。

 

それだけです。

 

『試す』のではありません。『する』のです。